<?php the_title(); ?>

青汁の飲み過ぎには注意

青汁は本来体にいいモノですが飲み過ぎには注意して下さい。その理由は青汁には体の中の余分な水分を排出する作用があるカリウムが含まれているからです。カリウムの効果によってむくみを解消することが出来るのですが水分だけではなく体内の塩分を排出するので、味付けの濃い食事を好む人にはカリウムは欠かすことが出来ない栄養素と言えます。

塩分の摂取を減らすことが出来ない人はカリウムを沢山摂取して体外に排出する必要があり高血圧対策にカリウムは有効と言えます。ですが青汁の飲み過ぎは腎臓に負担がかかります。カリウムの過剰摂取は必要以上に尿の量を増やす結果となり腎臓を酷使することになります。

だから健康な人でも腎臓への負担が大きいので、既に腎臓に病気がある人はさらに深刻な自体となります。カリウムをきちんと排出することが出来なくなって体内にカリウムが蓄積される高カリウム血症となれば嘔吐、しびれ、倦怠感、不整脈といった症状が出て最悪のケースでは心停止が起こる可能性もあります。だから腎臓病の人や人工透析をしている人は青汁の飲み過ぎには注意して下さい。

脚、顔のむくみを解消することでダイエットをしている人から注目されているカリウムは健康な人が普通に摂取する分には全く問題はありません。ですが過剰摂取した場合のリスクは念頭に置いておきましょう。特に青汁の原料である大麦若葉には多くのカリウムが含まれています

その他にも青汁には食物繊維が多く含まれているのであまり飲み過ぎると人によってはお腹が下してしまう場合があります。ですが摂取目安の量を守っている限りはそのような心配は必要ないと言えます。いくら健康や美容にいいモノでも飲み過ぎは良くありません。

ページ上部に